平成25年3月高等学校卒業予定者の就職採用枠の拡大に関する要望書

熊本県経営者協会、熊本県中小企業団体中央会、熊本県商工会連合会へ下記の要望書を8月29日に提出しました。

平成25年3月高等学校卒業予定者の就職採用枠の拡大に関する要望書

 平素より、高校生の就職支援並びに既卒業者の雇用等に対しまして、多大なご支援を賜り、深く感謝申し上げます。さらには、子ども達の将来に対しての人材育成に関しましても他面にわたりご協力とご支援をいただいておりますことに、心よりお礼を申し上げます。

さて、今春の新規高等学校卒業者の県内における就職内定率は95.1%となっております。前年度と比較しまして1.3ポイント増加しており、本連合会としましてもたいへん喜んでいる次第です。これもひとえに皆様方のご支援の賜であり、重ねて感謝申し上げます。

しかしながら、来春の卒業予定者の就職環境につきましては、景気回復の兆しは見えてこない中に、経済面においても円高問題や欧州の経済危機などの影響も重なり、楽観視はできません。このような状況下で、全国高等学校PTA連合会においては、昨年度より厚生労働省や文部科学省に「新規高等学校卒業予定者に対する雇用確保について」の要請書を提出しているところです。

本連合会としましては、学校や地域社会との連携のもとに、家庭教育の中で基本的な生活習慣の確立と職業人としての識見と素養を身につけさせ、職場の一員として活躍できるよう精一杯支援していく所存です。

貴会におかれましては、一人でも多くの子ども達が県内に留まり、熊本県の発展のために貢献できますよう採用枠の拡大につきまして、特段のご配慮をいただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

平成24年8月29日

熊本県商工会連合会 会長     様

熊本県公立高等学校PTA連合会 会長  田上 忍